筑波大学 生存ダイナミクス研究センター

新着情報What's New

  • 若槻壮市博士、筑波大学を表敬訪問

    平成30年10月22日に、分子構造科学の分野において世界的権威である若槻壮市博士(現.米国スタンフォード大学医学部構造生物学教授)が、TARAセンターを訪問するとともに、さらに木越英夫副学長を表敬訪問されました。

    若槻壮市博士は、さきがけ「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」の研究総括を務められました。現在は、米国スタンフォード大学医学部構造生物学教授、また同大学が運営する米エネルギー省(DOE)SLAC国立加速器研究所(National Accelerator Laboratory)の光科学部門教授として活躍されています。博士は、スタンフォード大学において医学部、理学部、工学部等とSLACとの研究連携を強化し新たにSLAC生命科学部門の設立を目指し、SLACのシンクロトロン放射光施設や、X線自由電子レーザー(XFEL)施設などを活用して幾多の国際的に顕著な業績を挙げています。

    今回の訪問は、生存ダイナミクス研究センターで新規設置した構造生物学分野(岩崎憲治教授)拡充を図るため共同研究等の意見交換を目的としたものです。同分野では、クライオ電子顕微鏡による超高分子タンパク室複合体の構造解析研究を実施する予定としており、クライオ電子顕微鏡技術で先行している米国スタンフォード大学との連携を強力に推進してまいります。

    また、表敬訪問においては、木越副学長からも筑波大学との具体的な共同研究の提案等が示され、今後一層の筑波大学との交流が期待されます。

     若槻壮市博士を囲んで
    (左から岩崎教授、若槻博士、木越副学長、深水副センター長)

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181127】

    日時: 平成30年11月27日(火)13:00~14:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:Dr. Tudorita Tumbar
    所属: Department of Molecular Biology and Genetics Cornell University, USA,Professor
    演題: Molecular mechanisms of hair follicle stem cells function in normal homeostasis of adult skin
    概要はこちら →

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181105】

    日時: 平成30年11月5日(月)16:00~17:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:山縣 一夫 先生(Kazuo Yamagata, Ph.D.)
    所属: 近畿大学大学院生物理工学研究科・准教授(Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, University of Kinki, Assistant Professor)
    演題: 哺乳動物受精卵ライブセルイメージングの構築とそれによる胚の質評価
    ◆概要はこちら→

  • 2018年度 TARAプロジェクト「公募型研究」のお知らせ

    生存ダイナミクス研究センターでは、当センターを拠点とする共同研究体制をさらに充実させる為、新たなTARAプロジェクトの枠組みとして「公募型研究プロジェクト」を開始し、今年度より研究課題の公募を行うこととなりました。

    2018年度は、筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とする「学外公募」(様式1および3)と、筑波大学内の研究者を対象とする「学内公募」(様式2および4)に分けて公募を行います。申請者のご所属によって用いる書式が変わりますので、ご注意下さい。
     

    1.公募要項・申請書・承諾書について
    応募を希望される研究者の方は、下記のリンクから、公募要項(学外公募用/学内公募用のいずれか)、申請書および承諾書をダウンロードし、内容をご確認の上ご応募下さい。

    ↓学外公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学外公募】 筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学外用/PDFファイル〕
    様式1「申請書」〔学外用/word (docx) ファイル〕
    様式3「承諾書」〔学外用/word (docx) ファイル〕

    ↓学内公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学内公募】 筑波大学内の研究者(但しTARAセンター以外)を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学内用/PDFファイル〕
    様式2「申請書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
    様式4「承諾書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
     

    2.公募締切

    2018年11月20日(火)必着 とさせて頂きます。
     

    3.補足事項
    今回の学内向け研究課題の公募は、筑波大学本部による『「生命原理」をキーワードにした新規重要課題の発掘・推進プログラム』の枠組みに基づくものです。応募課題の審査にあたりましては、生命原理をキーワードとし、異分野融合等に基づく新規重要課題の発掘や推進に繋がることが審査上の留意点となることをご了承下さい。

    その他、本公募について不明な点がございましたら、下記のメールアドレスまでお知らせ下さい。
    TARAプロジェクト公募受付窓口:taraprj_koubo [at] tara.tsukuba.ac.jp (← [at]を@にして下さい。)
     

  • 論文掲載のお知らせ【深水プロジェクト】

    深水プロジェクトの深水昭吉教授らによる論文 “PRMT1 deficiency in mouse juvenile heart induces dilated cardiomyopathy and reveals cryptic alternative splicing products” が iScience 誌に掲載されました。

    本研究は筑波大学における注目の研究「若齢期の拡張型心筋症の要因を解明 ~アルギニンメチル化酵素PRMT1欠損が心臓での遺伝子転写に異常をもたらす~」として取り上げられました。

    ◆詳細はこちら
    → 筑波大学 注目の研究
    → 筑波大学 プレスリリース
    → Pubmed

  • 若槻壮市博士、筑波大学を表敬訪問

    平成30年10月22日に、分子構造科学の分野において世界的権威である若槻壮市博士(現.米国スタンフォード大学医学部構造生物学教授)が、TARAセンターを訪問するとともに、さらに木越英夫副学長を表敬訪問されました。

    若槻壮市博士は、さきがけ「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」の研究総括を務められました。現在は、米国スタンフォード大学医学部構造生物学教授、また同大学が運営する米エネルギー省(DOE)SLAC国立加速器研究所(National Accelerator Laboratory)の光科学部門教授として活躍されています。博士は、スタンフォード大学において医学部、理学部、工学部等とSLACとの研究連携を強化し新たにSLAC生命科学部門の設立を目指し、SLACのシンクロトロン放射光施設や、X線自由電子レーザー(XFEL)施設などを活用して幾多の国際的に顕著な業績を挙げています。

    今回の訪問は、生存ダイナミクス研究センターで新規設置した構造生物学分野(岩崎憲治教授)拡充を図るため共同研究等の意見交換を目的としたものです。同分野では、クライオ電子顕微鏡による超高分子タンパク室複合体の構造解析研究を実施する予定としており、クライオ電子顕微鏡技術で先行している米国スタンフォード大学との連携を強力に推進してまいります。

    また、表敬訪問においては、木越副学長からも筑波大学との具体的な共同研究の提案等が示され、今後一層の筑波大学との交流が期待されます。

     若槻壮市博士を囲んで
    (左から岩崎教授、若槻博士、木越副学長、深水副センター長)

  • 2018年度 TARAプロジェクト「公募型研究」のお知らせ

    生存ダイナミクス研究センターでは、当センターを拠点とする共同研究体制をさらに充実させる為、新たなTARAプロジェクトの枠組みとして「公募型研究プロジェクト」を開始し、今年度より研究課題の公募を行うこととなりました。

    2018年度は、筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とする「学外公募」(様式1および3)と、筑波大学内の研究者を対象とする「学内公募」(様式2および4)に分けて公募を行います。申請者のご所属によって用いる書式が変わりますので、ご注意下さい。
     

    1.公募要項・申請書・承諾書について
    応募を希望される研究者の方は、下記のリンクから、公募要項(学外公募用/学内公募用のいずれか)、申請書および承諾書をダウンロードし、内容をご確認の上ご応募下さい。

    ↓学外公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学外公募】 筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学外用/PDFファイル〕
    様式1「申請書」〔学外用/word (docx) ファイル〕
    様式3「承諾書」〔学外用/word (docx) ファイル〕

    ↓学内公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学内公募】 筑波大学内の研究者(但しTARAセンター以外)を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学内用/PDFファイル〕
    様式2「申請書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
    様式4「承諾書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
     

    2.公募締切

    2018年11月20日(火)必着 とさせて頂きます。
     

    3.補足事項
    今回の学内向け研究課題の公募は、筑波大学本部による『「生命原理」をキーワードにした新規重要課題の発掘・推進プログラム』の枠組みに基づくものです。応募課題の審査にあたりましては、生命原理をキーワードとし、異分野融合等に基づく新規重要課題の発掘や推進に繋がることが審査上の留意点となることをご了承下さい。

    その他、本公募について不明な点がございましたら、下記のメールアドレスまでお知らせ下さい。
    TARAプロジェクト公募受付窓口:taraprj_koubo [at] tara.tsukuba.ac.jp (← [at]を@にして下さい。)
     

  • 論文掲載のお知らせ【深水プロジェクト】

    深水プロジェクトの深水昭吉教授らによる論文 “PRMT1 deficiency in mouse juvenile heart induces dilated cardiomyopathy and reveals cryptic alternative splicing products” が iScience 誌に掲載されました。

    本研究は筑波大学における注目の研究「若齢期の拡張型心筋症の要因を解明 ~アルギニンメチル化酵素PRMT1欠損が心臓での遺伝子転写に異常をもたらす~」として取り上げられました。

    ◆詳細はこちら
    → 筑波大学 注目の研究
    → 筑波大学 プレスリリース
    → Pubmed

  • 研究員公募のお知らせ【柳沢プロジェクト】

    柳沢裕美研究室(柳沢プロジェクト)では、皮膚幹細胞の老化研究に従事していただくポスドクを募集しています。詳しくは下記のリンクからjREC-INの公募情報をご覧下さい。

    ◆詳細はこちら
    データ番号:D118091082
    求人件名:ポスドク募集(筑波大学TARAセンター・幹細胞老化研究)
    公開日:2018/10/02
    → jREC-IN

  • 論文掲載のお知らせ【柳沢プロジェクト】

    柳沢プロジェクトの山城義人助教・柳沢裕美教授による論文 “Role of thrombospondin-1 in mechanotransduction and development of thoracic aortic aneurysm in mouse and humans.” が Circulation Research 誌に掲載されました。

    本研究は筑波大学における注目の研究「大動脈瘤形成に関与するメカノトランスダクション機構を解明 ~新しい治療標的分子の特定~」として取り上げられました。

    ◆詳細はこちら
    → 筑波大学 注目の研究
    → 筑波大学 プレスリリース
    → Circulation Research

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181127】

    日時: 平成30年11月27日(火)13:00~14:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:Dr. Tudorita Tumbar
    所属: Department of Molecular Biology and Genetics Cornell University, USA,Professor
    演題: Molecular mechanisms of hair follicle stem cells function in normal homeostasis of adult skin
    概要はこちら →

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181105】

    日時: 平成30年11月5日(月)16:00~17:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:山縣 一夫 先生(Kazuo Yamagata, Ph.D.)
    所属: 近畿大学大学院生物理工学研究科・准教授(Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, University of Kinki, Assistant Professor)
    演題: 哺乳動物受精卵ライブセルイメージングの構築とそれによる胚の質評価
    ◆概要はこちら→

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181019】

    日時: 平成30年10月19日(金)16:00~17:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:小原 有弘 先生(Arihiro Kohara, Ph.D.)
    所属: 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 培養資源研究室 研究リーダー(Project Reader, JCRB, National Institute of Biomedical Innvation, Health and Nutrition)
    演題: あなたの細胞培養、大丈夫ですか?!-研究の信頼性・再現性を高めるために-
    概要はこちら →

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20181001】

    日時: 平成30年10月1日(月)17:00~18:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:加納 英明 先生(Hideaki Kano, Ph.D.)
    所属: 筑波大学 数理物質系・物理工学域 准教授(Associate Professor, Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba)
    演題: 生細胞を染めずに見る ~非線形ラマン分光を用いたラベルフリー分子イメージング~ (Molecular fingerprinting of living systems by nonlinear Raman spectroscopy)
    概要はこちら →

  • TARAセミナー開催のお知らせ【20180907】

    日時: 平成30年9月7日(金)17:00~18:00
    場所: TARAセンター A棟 2階セミナー室
    講師氏名:Dr. Katja Schenke-Layland
    所属: Director, The Natural and Medical Sciences Institute at the University of Tübingen, Germany / Professor, Department of Women’s Health, Research Institute for Women’s Health, Eberhard Karls University Tübingen, Germany
    演題: Raman microspectroscopy and its application in regenerative and personalized medicine
    概要はこちら →

  • 2018年度 TARAプロジェクト「公募型研究」のお知らせ

    生存ダイナミクス研究センターでは、当センターを拠点とする共同研究体制をさらに充実させる為、新たなTARAプロジェクトの枠組みとして「公募型研究プロジェクト」を開始し、今年度より研究課題の公募を行うこととなりました。

    2018年度は、筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とする「学外公募」(様式1および3)と、筑波大学内の研究者を対象とする「学内公募」(様式2および4)に分けて公募を行います。申請者のご所属によって用いる書式が変わりますので、ご注意下さい。
     

    1.公募要項・申請書・承諾書について
    応募を希望される研究者の方は、下記のリンクから、公募要項(学外公募用/学内公募用のいずれか)、申請書および承諾書をダウンロードし、内容をご確認の上ご応募下さい。

    ↓学外公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学外公募】 筑波大学以外の機関に所属する研究者を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学外用/PDFファイル〕
    様式1「申請書」〔学外用/word (docx) ファイル〕
    様式3「承諾書」〔学外用/word (docx) ファイル〕

    ↓学内公募の公募要項・申請書・承諾書はこちら↓
    【学内公募】 筑波大学内の研究者(但しTARAセンター以外)を対象とします。
    TARAプロジェクト公募要項2018〔学内用/PDFファイル〕
    様式2「申請書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
    様式4「承諾書」〔学内用/word (docx) ファイル〕
     

    2.公募締切

    2018年11月20日(火)必着 とさせて頂きます。
     

    3.補足事項
    今回の学内向け研究課題の公募は、筑波大学本部による『「生命原理」をキーワードにした新規重要課題の発掘・推進プログラム』の枠組みに基づくものです。応募課題の審査にあたりましては、生命原理をキーワードとし、異分野融合等に基づく新規重要課題の発掘や推進に繋がることが審査上の留意点となることをご了承下さい。

    その他、本公募について不明な点がございましたら、下記のメールアドレスまでお知らせ下さい。
    TARAプロジェクト公募受付窓口:taraprj_koubo [at] tara.tsukuba.ac.jp (← [at]を@にして下さい。)
     

  • 研究員公募のお知らせ【柳沢プロジェクト】

    柳沢裕美研究室(柳沢プロジェクト)では、皮膚幹細胞の老化研究に従事していただくポスドクを募集しています。詳しくは下記のリンクからjREC-INの公募情報をご覧下さい。

    ◆詳細はこちら
    データ番号:D118091082
    求人件名:ポスドク募集(筑波大学TARAセンター・幹細胞老化研究)
    公開日:2018/10/02
    → jREC-IN

  • 大隅基礎科学創成財団・第二回創発セミナー開催のお知らせ

    一般財団法人大隅基礎科学創成財団では、大学研究機関等の研究者と企業関係者との交流を推進することを目的とした「創発セミナー」を開催しています。この度、第二回創発セミナー『命の継承 - その仕組みから学び、考える』において、当センターの小林悟教授が講演者として参加する事となりましたので、興味をお持ちの方は下記リンクのPDFファイルをご確認の上、お申し込み下さい。

    第二回創発セミナー
    日時: 2018年4月27日 (金) 16時~20時 (交流会を含む)
    場所: KKRホテル東京 (https://www.kkr-hotel-tokyo.gr.jp/access/) 瑞宝の間
    全体テーマ:『命の継承 - その仕組みから学び、考える』
    *参加費は有料で事前申込みが必要ですのでご注意下さい。

    ◆詳細はこちらのPDFファイルをご覧下さい→
    ◆大隅財団の活動についてはこちら→

  • 「生存ダイナミクス研究センター」発足のお知らせ

    平成30年4月1日より、生命領域学際研究センターは「生存ダイナミクス研究センター(英語名:Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA))」へと名称を変更し、新たな研究センターとして改組されました。

  • 一般財団法人「大隅基礎科学創成財団」設立のお知らせ

    ノーベル生理学・医学賞2016 受賞者の大隅良典先生(東京工業大学 栄誉教授)を理事長とする、一般財団法人大隅基礎科学創成財団(英文名:Ohsumi Frontier Science Foundation(英文略称 OFSF))が平成29年8月に設立されました(当センターの小林悟教授が理事を勤めております)。
    ◆概要はこちら→

ページ先頭へ戻る

筑波大学
生存ダイナミクス研究センター

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL:029-853-6082
FAX:029-853-6074
E-mail:

筑波大学

●センター長