筑波大学 生存ダイナミクス研究センター

TARAとは

「生存ダイナミクス研究センター」の設立にあたって


センター長
花岡 文雄

平成6年5月、ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈先生のご発案により、本センターの前身の筑波大学先端学際領域研究センターが設置され、その後、平成22年10月に生命領域学際研究センターに改組されました。

平成30年4月に本センターは、細胞・個体の遺伝情報やシグナル機能の解明を基盤として、環境変化へのダイナミックな応答を「生物の生存戦略」と捉えて研究を深化させ、生命動態科学の新たな道を切り拓くことを目的に『生存ダイナミクス研究センター』(Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance, TARA)として生まれ変わりました。

ヒトの生活の基盤となる健康・食・医療は、地球温暖化、生物多様性、少子・高齢化や生殖医療等の諸課題と密接に関係しており、地球規模の関心事として社会全般に広がっていますが、それらの問題を解く鍵は全て生命科学に潜んでいると言っても過言ではありません。本センターでは、今後、人類が環境と調和し、持続可能な発展を遂げるために、環境への応答や防御あるいは進化といった生命の未知なる部分を解明し、生物の潜在的な生存戦略を発掘し理解することを目的としています。

本センターの代謝・免疫・生殖・循環等の各研究分野では、受容体、核内因子や情報分子などの三次元立体構造や、因子間相互作用、これらの制御機構を解析し、様々な生命現象をつかさどるタンパク質と調節因子(高分子や低分子)の機能解析をさらに発展させていきたいと考えています。

また、生物の生存戦略の理解は、基礎科学研究を展開して医療技術の開発を推進し、その成果を活用した健康寿命の延伸を目指す国家の政策にも合致しています。さらに、基礎科学研究の探求を通じて、人類と環境が調和し、持続可能な発展と、生物の環境への潜在的な応答、防御あるいは進化といった事象を通して、再生可能な社会の創造に貢献したいと考えます。

生存ダイナミクス研究センターでは、これまでの医学、生物学、農学、薬学、健康科学という縦割りの研究システムから前進して、相互の連携により、ダイナミックで斬新な研究体制を構築し、新時代のニーズに応えられる成果をあげていくことを決意しております。

ページ先頭へ戻る

筑波大学
生存ダイナミクス研究センター

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL:029-853-6082
FAX:029-853-6074
E-mail:

筑波大学

●センター長